外灘 BUND

“バンド”とはペルシャ語に由来して、埠頭、港の海岸通りなどを意味する語。“外灘”の名は、陸家浜以東の黄浦江の河原を指した“外黄浦灘”の略称に始まる。通常、黄浦江と蘇州河との合流点にかかる外白渡橋から、南へ約1.5kmの新開河までをいう。そのうち延安東路以南をかつては仏租界バンドと称す。1992年の大拡張によって中山東一路は10車線となったが、上海万博を前にした2010年春には、交通を地下に移して車線を半減させ、川辺の遊歩道ゾーンを大幅に拡張し、四つの広場を整備した「人にやさしい」新外灘が出現した。建築群全体として国家重点文物保護単位の指定をうける。

 

外白渡橋 Garden Bridge

単に「白渡橋」とも。現在の橋は、1907年完成の鉄骨橋。前身は1856年英人ウィルズによる木橋。虹口とバンドを結ぶ交通の要衝であったが、現在は西側にバイパス橋ができて主役の地位を譲った。「外」人がただ「白」で渡れたからといわれるその名の由来は俗説で、外側の渡し場の意の「外罷渡口」から訛ったもの。日本占領期には日本軍の検問所が設けられた。2008年春、補修のためまるごと取り外され、一年後にここに戻された。上海市優秀近代建築。

黄浦公園 Public Garden 

黄浦江の河原を埋め立て租界工部局により1868年開園。外灘公園とも。当初外国人のみに開放され、「犬と中国人入るべからず」の掲示が中国人の憤激を買ったが、1928年以降中国人の入園を認める。新中国成立後現名に。1994年東北の突端に高さ60mの上海人民英雄紀念塔が完成。園内の新世紀広場では各種イベントも開かれる。

英国領事館 English Consulate

1852年完成の最初の領事館が焼失したのち、1872年竣工の二代目領事館。ベランダをめぐらす植民地様式の煉瓦造り2階建。バンドに現存する最古の建築。広い芝生の前庭がある。上海市優秀近代建築。中山東一路33号

東方匯利銀行(インドシナ銀行) Banque de l’Indo­chine 上海市公安局交通処

1914年完成のバロック風古典主義様式の建築。インドシナ銀行は1875年パリに設立、1899年上海に支店を開く。フランス系の主要銀行として仏租界経営を支援。上海市優秀近代建築。中山東一路29号。

グレンライン・ビル

公和洋行設計の鉄筋コンクリート造り7階建。英国新古典派ルネサンス様式。海運会社のグレンライン汽船のビルとしてグレンライン・ビル/上海市広播事業局  1922年竣工。上海市優秀近代建築。北京東路2号。

怡和洋行(ジャーデン マセソン商会)

Jardine, Matheson & Co.,Ltd./上海市対外貿易総公司 1832年マカオに設立された極東最大の英国商社。1843年上海に支店を開く。当初は阿片取引を主とし、のち貿易、保険、不動産、海運、各種製造業など幅広い事業を展開する。共和国成立後は香港を本拠として活動。7階建ネオルネサンス様式。上海市優秀近代建築。中山東一路27号。

横浜正金銀行上海支店 上海市紡織局

1880年設立の日本の貿易金融専門銀行。上海支店は1893年開設。日本資本の中国進出を支える。現存の建物はパーマー&ターナー事務所(公和洋行)の設計により1924年竣工。古典主義様式の巨大列柱が目を引く。上海市優秀近代建築。中山東一路24号。

中国銀行総行 中国銀行上海分行

清朝政府の創設した戸部銀行の後身、1928年の中央銀行開設後は南京政府の外国為替専門銀行となる。旧ドイツクラブ跡地に1937年竣工。鉄骨造17階建。屋根や細部の装飾に中国調を取り入れたアール・デコスタイルの摩天楼。上海市優秀近代建築。中山東一路23号。D3

沙遜大廈(サッスーン・ハウス)

Sassoon House・キャセイ・ホテル(華懋飯店)Cathay Hotel/和平飯店北楼 上海の不動産王サッスーン財閥の本拠として1929年竣工。11階建、高さ72m。パーマー&ターナー事務所設計による上海アール・デコスタイルの摩天楼。北隣の中国銀行と並んでバンド北部のスカイラインを特徴づける三角屋根が印象的。当時、5階から10階までがキャセイ・ホテル。最上階には財閥の総帥ヴィクター・サッスーンの自室をおいた。1956年より現称となった和平飯店は、オールド・シャンハイの残り香を今に伝える上海を代表するホテル。1階奥のバーは老年ジャズバンドの演奏で毎夜にぎわう。上海市優秀近代建築。南京東路20号。